車に乗っている人は承知しているものですが、自動車税なるものが課税されます。それでこれは、手放す愛車の売却の際に返還されるお金なのです。これって実際に自分でやるとすぐ頭に入ってくると思いますが、では一から順番に分かりやすく案内しましょう。注意書きしておけば国内のメーカーのクルマのみが対象ではなく海外の車でも税が還付される範囲になっています。当然ですがクルマもそうです。自動車税という税金は自動車を所有している人が支払わなければならないお金なのですが、これは自動車の排気量の大小によって定められています。1リッターより低いならば29500円1リッターから1.5リッター以下までだと34500円。これ以上は500ccずつ5000円ずつ増えていきます。この税金は4月1日現在ののオーナーが来年3月までの税金を支払う義務となっています。先払いになるので勿論愛車を買取してもらって所有権を手放した場合では先払いした分のお金は還付されるのです。税の場合は事前納付で以後一年分の税金を納付しますので、一年以内に車を買い取ってもらった場合には、新たな保有者が自動車税を支払わなければいけないということです。売却相手が専門店でしたら売却した際に自分が支払いすぎた税金を返してくれます。要は、所有権が移転された時以後の税金は、新しい保有者が払わなければなりません。例えばあなたが10月のうちに車を引き取ってもらった際は11月から翌年3月の間までの払ったお金は返還されます。というのも、前も述べた通り自動車税は前払いであるということから来ています。要は、前所有者は買取先に税金を返還してもらうということなのです。業者を介さずに自動車を手放す場合何気にこうした知識に気づかない人がいますため、きっちり確認をとるようにすることです。自動車税という税金はクルマを手放すと返金されるという事実を意外と知られていない事を利用して、その事実を隠す悪質業者もいるのです。こちら側から自動車税に関して言わなければ、一切税金のことには言わないというケースもよく聞かれます。ですから車の買い取りを頼むさいには払いすぎたお金が返還されるか否かを確認することをおろそかにしないようにしてください。